ボディーバッグ

2011年03月23日

商品撮影~第十話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

2011年ボディーバッグ企画/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二週間前くらいですが、ちょうど暖かい日に撮影出来ました。

この日は陽射しが強くて撮影日和♪

DSC01175
 
やっぱり一番のお気に入りは赤です(笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<前へ  次へ>>


よろしければクリックお願いします。皆様の声援が励みになります!
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


kyoden_catalog at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月27日

取引先様にカタログ発送~第九話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

2011年ボディーバッグ企画/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年の春夏商品第一弾として、ここで紹介したボディーバッグもカタログに掲載しております。

zen-ss01_07

受注締め切り後本生産にとりかかります。
次回はちょっと間があきますが、春夏商品の撮影風景を紹介したいと思います。お楽しみに~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<前へ 次へ>> 


よろしければクリックお願いします。皆様の声援が励みになります!
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


kyoden_catalog at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月26日

全貌を公開~第八話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

2011年ボディーバッグ企画/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまで1~7話まで、ショルダータイプのボディーバッグ企画を紹介してまいりましたが、
ここで完成品を披露させていただきたいと思います。

ボディーバッグ
白/黒/赤の三色のフェイクレザーに、京鹿の子絞りの生地で二本ラインを表現致しました。
レザーと絹布、一見スポーティーですが伝統的な技法で制作している、という意外性が面白いバッグになりました。

おそらく人気色であろう赤を着用してみました。

ボディーバッグ着用

どうですか~?
ワタクシ個人的にはかなりお気に入りです!

それは・・・

“さりげないけど、実はこだわってる”
“和の伝統技法が使われているのに、一見和小物に見えない”

というところがポイント!

派手すぎる(柄などがゴチャゴチャや色数が多い)ものよりも、このようなすっきりとした小物は老若男女問わず持っていただきやすいかと思います。

目の肥えた和柄フリークの方でも、このシンプルラインはきっと満足していただけるはずです。

オフィシャルHP公開は3月末~4月頃を予定しておりますので、詳しくはしばしお待ちくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<前へ 次へ>>


よろしければクリックお願いします。皆様の声援が励みになります!
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


kyoden_catalog at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月25日

糸を解いていきます~第七話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

2011年ボディーバッグ企画/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後に、模様をつけるために括ってあった糸を解かなければいけません。
ひとつひとつが細かいので、どうやって解くんだろうと思っていたら・・・

結構大胆でした(笑)

生地の両端を二人で持ち...

DSC09001

びりびりびりびり!!!!!!!Σ(゚д゚;)

DSC08974

出来れば動画でご覧いただきたかったのです~
ミニ綱引き状態。

DSC08980

面白いほどよく解けますよ~。こちら解いた糸です↓↓↓
DSC09016
綺麗に全て糸をとったら・・・完成!!

DSC08992

アップにするとこんな感じです。(あまり凝視しすぎると目がまわりますのでご注意を...)

DSC08993

これをボディーバッグに使用するわけですね。次回、完成品をアップします♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<前へ 次へ>>


よろしければクリックお願いします。皆様の声援が励みになります!
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


kyoden_catalog at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月24日

続・染めの現場~第六話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

2011年ボディーバッグ企画/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回の続きです。

赤の染料にさっそく生地をつけ染みこませます。

DSC09689

色ムラがないように、一度浸けたら終わり・・・というわけではなく、
じゃぶじゃぶと洗い物をするかのように染料を染みこませるのです。

DSC09688

この作業を何度も繰り返します。温度が冷えてきたら頃合いをみて温めたり、色を足したりします。(染めは初め薄い色を染め、だんだん濃い色を染めていくのが鉄則なのです)

DSC09702

DSC09708

ちゃーんと細かいところまで染料が染みこんでいるのかチェックしながら...

DSC09700

そして、思い通りの色に近づいてきたかどうかを一旦確認。ちょっとだけ乾かして・・・

DSC09712

色見本の生地と見比べます。この深い赤になるまで、上の作業を繰り返します。

DSC09714

色がきちんと入ったところで、脱水→乾燥へ。

DSC09730

これで京鹿の子絞り染め、完成です!
次回は括った糸を解くところをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<前へ 次へ>>


よろしければクリックお願いします。皆様の声援が励みになります!
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


kyoden_catalog at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
ふんどし 革小物のブランド「達磨」 京でんの社長ブログ 京でん -軌跡-
ツイッター
アクセスカウンター