絞り染Tシャツ“櫻”

2010年04月19日

【番外編】絞り染めを体験してきましたⅡ~第八話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。

初めてご覧になる方は、第一話からをおすすめします。

絞り染Tシャツ“櫻”/第一話を読む

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回に引き続き、絞り染めの体験を綴りたいと思います。
どうぞ皆様お付き合い下さい。

工房に入り自分の染めたい色を伝えると、西村さんが調節した染料が。

DSC_0040

これって、青が何g・・・赤が何g・・・というふうに計りながらではないんですよ。

DSC_0047

少しずつ染料をすくって混ぜ、色を見ながら染めたい色になるよう調節していきます。昔ながらの職人さんは感覚でわかるそう。

DSC_0049

さぁ、いよいよ染めに入っていきますね。予め水で濡らした布をざぶっと容器に沈めます。

DSC_0033

結構大胆にいきます。

DSC_0061

グラデーションの場合はまず濃い色につけ・・・

DSC_0128

すぐに薄い色に浸け境界をぼかしていきます。これを何回も繰り返すと、綺麗なグラデーションが完成します。

DSC_0131

同じアイテムでも、人によって全く違うデザインが完成するんですね~。
次回は完成編を紹介したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<
前へ 次へ>>


ブログランキングに参加中。一日一回ポチッと押してくださいませ☆
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


ブログランキングに参加中・今日の順位は?
kyoden_catalog at 14:16│Comments(0)TrackBack(0) 絞り染Tシャツ“櫻” 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
ふんどし 革小物のブランド「達磨」 京でんの社長ブログ 京でん -軌跡-
ツイッター
アクセスカウンター