絞り染Tシャツ“櫻”

2010年03月13日

絞り染めの職人さんを紹介していただきました~第一話~

このブログは、京でんが企画した商品がどのように作られているのか、商品が完成するまでの軌跡としてご紹介致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回は、ブランド“” 商品企画についてのブログを書きます。

京でんの事務所には、得意先様・仕入先様など色々な方が来られるのですが、 人伝いに良いご縁があったりします。


手描きや手染めで柄を描くことが禅の特徴であったりしますが、“カラーパンツ”等の染めの商品というものも少しずつ浸透してきました。

3月中旬にはお得意様に「2010年盛夏物商品」を提案致します。

その提案というのは、商品カタログでの提案であったり、実際商品サンプルを持って全国へ営業にも行くわけです。



ファッションというものは常に新しく生まれていくものですから
我々も伝統を大切にしながら、新しい物を盛り込んでいきます。

禅がこれまでに挑戦したことのない商品ということで、
今回京都の“絞り染め”の職人さんを紹介していただくことになりました。


絞り染めというのは世界各国でもタイダイ染めなどが有名でよく見かけるものですよね。

日本では、着物の兵児帯やストール・Tシャツなどのファッションアイテムから、がま口財布などの小物。のれんやカーペットなどのインテリアに至るまで、様々なアイテムに様々な技法で日本の絞り染めは流通しています。


この絞り染めの技術が禅でどう活きるのか!?


次回は、ショップと工房を拝見させていただくの巻(・∀・)
お楽しみに★

●第二話を読む●


ブログランキングに参加中。一日一回ポチッと押してくださいませ☆
にほんブログ村 ファッションブログ 和風・和柄ファッションへ
にほんブログ村


ブログランキングに参加中・今日の順位は?
kyoden_catalog at 16:35│Comments(0)TrackBack(0) 絞り染Tシャツ“櫻” 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
ふんどし 革小物のブランド「達磨」 京でんの社長ブログ 京でん -軌跡-
ツイッター
アクセスカウンター